高齢者 遠隔監視

高齢者の一人暮らし向けな遠隔監視システムと、人気な理由など

遠隔監視システム

 

防犯の意識が高まっていて、一戸建てでなくてもセキュリティシステムを利用している人がたくさんいます。

 

子供のいるお家や女性の一人暮らし、そして高齢者の方がセキュリティを強化することが多いようですね。

 

特に高齢者の方は防犯はもちろんですが、離れている家族が高齢の親を心配してセキュリティをつけている家庭が増えているようです。

 

 

遠隔監視システム(センサー)

 

セキュリティの種類はいろいろありますが、「遠隔監視システム(センサー)」は特にニーズのあるホームセキュリティープランになっています。

 

自分の親に異変がないか?連絡が取れないけど大丈夫か?などチェックできれば、安心ですね。

 

私の親も離れていて、周りに家族がいないので、いつも心配しています。

 

ちょっとでも連絡が取れないと、もしかして倒れているんじゃないだろうか?など心配になってしまいますね。

 

それを遠隔監視で見守りしてもらえれば、高齢者を一人で家に居させても大丈夫です。

 

なので、各ホームセキュリティー会社で提供されている高齢者向けプランでは、24時間見守りできる「遠隔監視システム」をメインに備えている内容が多いのですね。

 

調べてみたところ、高齢者向けの遠隔監視システムは特に大手会社で良いものがありました。

 

 

セコム(SECOM)の遠隔監視システム

 

大手会社の「セコム(SECOM)」だと、独自の遠隔監視システムがあります。

 

安否見守りサービス」というもので、センサーを部屋のあちこちに設置して24時間監視するシステムですね。

 

安否見守りサービス

 

部屋にセンサーを設置して、一定時間動きがない場合、異常信号がセコムに送信されるというもの。

 

すぐにセコムが確認してくれるそうです。

 

設置する場所は基本的に生活動線(必ず高齢者が通る場所)ですが、おすすめはトイレだそうです。

 

ココセコムと公式動画の紹介

 

ココセコム」という居場所を確認できる遠隔監視システムもあります。

 

ココセコムは、認知症の高齢者を見守るのにも適していて、物忘れの激しい高齢者の親を見守るのには良いシステムですね。

 

全体的な高齢者向けサービスはセコムのシステムは安心できますし、おすすめなのではないでしょうか。

 

セコムの公式ホームページへ

 

 

 

アルソック(ALSOK)の遠隔監視システム

 

アルソック(ALSOK)にも、同じようにセンサーで感知するシステムがあります。

 

体調が悪い時もアルソックが駆けつけてくれるのですね。

 

「みまもりサポート」でのオプションプランに「見守り情報配信サービス」というものがあります。

 

これは、高齢者の自宅に各種のセンサーを設置して、24時間見張っていて感知の有無を確認するサービスですね。

 

そして、離れて住んでいる家族の元にメール配信を行ってくれます。

 

ライフリズム監視サービス」というオプションもあり、これはトイレのドアが開かなかったときにアルソックに通報するサービスです。

 

駆けつけてくれるので、非常にスピーディーだそうです。

 

アルソックの公式ホームページへ

 

 

 

まとめ

 

このように高齢者の遠隔監視システムは、防犯というよりも身体の異変などに瞬時に対応できるように離れた家族のサポートをしてくれます。

 

うちの親は「そんな監視みたいなこと・・・」と初めはいまいちな反応でしたが、きちんと説明したところ「それなら心強い」と納得してくれました。

 

いろいろなオプションなども踏まえて、必要なものを厳選して早くつけてあげたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


page top