高齢者 見守り センサー

高齢者の防犯に特におすすめな自宅用・見守りセンサー

家庭用見守りセンサー

 

最近は防犯システムも、いろいろ進化したものがあります。

 

その防犯システムの流れで、一人暮らしをしている高齢者が利用する見守りセンサーの需要が高まっているようですね。

 

離れて暮らす高齢の両親が心配な人などが少しでも安心できるように・・と提供されているサービスなのですが、実際はどんな内容なのでしょうか?

 

各ホームセキュリティー会社によってもサービス内容は異なりますので、いくつか見てみましょう。

 

 

家庭用の見守りセンサーのポイント

 

「見守りセンサー」は通販で購入できる家庭用グッズから、ホームセキュリティー会社で提供されている専門的なセンサーまで、幅広い製品があります。

 

家庭用の見守りセンサーは購入して設置するだけなので、かかる費用も安くなります。

 

ただ、何かあった緊急時では、通知されるだけなので自分で対応しないといけなくなる問題はあります。

 

とりあえず家庭用の見守りセンサーでおすすめなアイテムです。

 

 

いまイルモ

 

いまイルモ」はスマホ、タブレット、パソコンなどから離れて一人暮らしする高齢者などを、そっと見守ることができるシステムです。

 

見守る方は手軽にセンサーで感知することで相手の様子を確認できて、異変時には通知が届きます。

 

見守られる方もプライバシーを尊重しながら、他に手間がかかることはないので、手軽に利用できそうですね。

 

個人宅だけでなく、施設などでも利用されている人気の見守りセンサーです。

 

ドアセンサーやトイレセンサー、バイタルセンサーなどで、いろいろな防犯センサーで感知し状況を把握することができます。

 

いまイルモのホームページへ

 

 

 

スマ@ホームシステム

 

パナソニックでは、一般家庭用の監視製品「スマ@ホームシステム」が発売されています。

 

このシステムは買い切り型なので、機器さえ購入すれば費用がかからないところもいいかなと思います。

 

だいたいこういった見守りセンサーは、初期費用と月額費用がかかりますからね。

 

機器の費用も安いのですが、ただしサポート体制などがないので、ある程度自分で判断するということが求められます。

 

スマ@ホームシステムのホームページへ

 

 

 

スタッフが駆けつけてくれる見守りセンサー

 

どんなご家庭でどのように使うのかでも変わってくるのですが、先に挙げたような「見守りセンサー」は、基本的には家族や身内などの誰かが対応しなくてはいけません。

 

「通知」されるだけなので、仕方がないですよね。

 

やはりサポート体制が整っていて、高齢者の親に何か異変があった時にすぐに気づけて、自動で警備員が駆けつけてもらえる防犯システムは安心できます。

 

専門的なセキュリティースタッフだと、営業所や拠点から緊急で駆けつけるスピードも速いそうですし、家族が対応しなくてもいいので楽です。

 

最大手のセキュリティー会社であるアルソックは、利用料金的にも、見守りセンサーシステムの安心度からしても、おすすめなのかなとは思いました。

 

月額費用もオプションなどで変わってきますが、そんなに高くはないので、必要なものだけを厳選して利用するといいと思いますね。

 

アルソックの公式ホームページへ

 

 

 

 

 

 


page top