防犯対策の種類

一人暮らしの高齢者は特にどんな防犯対策が必要?

高齢者向けな防犯対策の種類

 

高齢者の防犯対策というのは、とても重要ですよね。

 

最近では高齢者を狙った犯罪も多くて、一人暮らしをする高齢の親族がいる家庭では不安に感じることもあります。

 

高齢者の安全対策といえば、大部分は健康面で安全でいられるような見守り対策がメインです。

 

防犯も大事なのですが、救急対応のような対策の方が優先されて、なかなかそこまでは気が回らなかったりもします。

 

そこで、安全に一人暮らしをサポートするように何かの防犯対策を行っておくことは重要ですね。

 

具体的にですが、高齢者向けの防犯対策にはどんな種類があるでしょうか?

 

 

防犯カメラ・空き巣ブザーの設置

 

高齢者が犯罪に巻き込まれやすい一番の要因は、やはり空き巣です。

 

空き巣対策になりそうなのが防犯カメラ空き巣用の防犯ブザーで、市販や通販で販売されている製品もあります。

 

自分で設置する必要はあるのですが、それ以外では費用がかからないので格安に対策したい人向けです。

 

ホームセキュリティーの空き巣ブザー

 

料金はかかるのですが、安心して利用しやすいのがホームセキュリティーです。

 

空き巣ブザーはもちろん、急に具合が悪くなった際の緊急ボタンの設置、コントローラー・センサーによる見守りサービスなど、多様なプランを用意していたりします。

 

市販・通販の防犯ブザーやセンサーと違うのは、自分だけでなくセキュリティー会社のスタッフにも通報されるため、近場の営業所で待機している防犯スタッフが駆けつけてくれる・・という点です。

 

遠方で一人暮らしをしている親族がいる場合、すぐの駆けつけができないので、防犯対策のプロが駆けつけて見守ってくれるホームセキュリティーのサービスがおすすめなのですね。

 

 

電子ロック・オートロック

 

マンションなどでは、玄関や出口・入口に電子ロック・オートロックなどが設置されていたりします。

 

これも空き巣や勧誘員、不審者などへの高齢者の防犯対策にはなります。

 

賃貸マンションで物件の良い住宅だと、オートロックが完備されている所もありますので、そういうマンションに引越しするのも一応は対策になります。

 

もしくは、玄関に電子ロックなどを設置することもできるでしょう。

 

これは工事などが必要なので、費用はそれなりにかかる対策になります。

 

 

ホームセキュリティーに費用をかけない対策の場合は?

 

ホームセキュリティーにお金をかけない場合だと、一人暮らしの高齢者にできそうな対策は少し限られるかもしれません。

 

というのは、どうしても子供や孫が見守っていないと不安な面も出てきますし、ホームセキュリティーの見守りシステムがけっこう便利だったりするからです。

 

自分でできそうな対策なら、ダミーでも防犯カメラを設置しておく方法もありますし、これも手軽な費用で良いかなと思います。

 

これだけでも空き巣にとって効果的でしょうし、防犯意識が高い家である・・と一応は認識させることができるのだそうです。

 

空き巣は高齢者が在宅でも押し入るケースもあるようなので、ドアホンが鳴ってもすぐには開錠しないように意識することも大切ですね。

 

 

 

 

 


page top